牛久市 ひたち野東 えのもと皮ふ科 小児皮膚科 湿疹 あせも アトピー いぼ 女性医師

TEL:0298711000
WEB予約

小児皮膚科

お子様の肌はデリケート

イメージ

お子様の肌は、まだ発達途中にあるため、乾燥しやすく、気候や外的刺激に影響を受けやすい特徴があります。それに免疫機能も不完全なので、お子様に特有の皮膚症状というのが少なくありませんし、個人差も大きいものです。

早めにご相談ください

小さなお子様は、自分の症状をうまく言葉で伝えられないことが多く、そのため症状に気づいた時には、ひどい状態になっているケースもしばしばです。お子様の皮膚の様子をよく観察し、早めに相談にいらしてください。

子どもの皮膚の特徴

皮膚の大切な役割の一つに、外部環境から体を保護する「バリア機能」があります。そして、このバリア機能を働かせるにあたって重要な皮膚組織が、皮膚のいちばん外側に位置し、外部と触れ合っている「角層」です。角層の厚みは大人でも0.01〜0.03mm程度と薄く、子どもですと、さらにその半分~3分の1くらいの厚みしかありません。
また、角層の表面は皮膚を乾燥や刺激から守る皮脂で覆われていますが、子どもの場合は成長の時期によって、皮脂の分泌量がそれぞれ変化します。

1.新生児期(生後~4週間まで)
皮脂の分泌にかかわる内分泌の機能は未熟ながらも、母体から授かった物質の作用によって一時的に皮脂の分泌量が増えます。
2.乳児期(生後4週間~1年まで)
生後2〜3ヶ月を過ぎた頃から、皮脂の分泌量は減少してきます。
3.幼児期(生後1年~6年まで)
皮脂の分泌量が生涯でも一番少なくなる時期にあたり、乾燥しがちです。 成長するにしたがって、乾燥しやすさは軽快してきます。
4.学童期(生後6年~12年まで)
思春期の変化が始まるとともに、皮脂の分泌も活発になってきます。

皮膚バリアを整えることが肝心

上表のように、子どもの皮膚は角層が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なことから「バリア機能」がまだ安定しておらず、したがって些細なことで湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど、皮膚トラブルが生じやすい特徴をもっています。しっかりとスキンケアをして皮膚バリアを整えることが、子どもの皮膚の健康を守るためには大切です。

小児の主な皮膚疾患

湿疹

湿疹とは、痒みを伴う皮膚の炎症のことです。ここでは、子どもによく見られる湿疹について説明します。

乳児湿疹

乳児期は皮膚の脆弱性から様々な刺激によって湿疹反応を起こしやすい時期です。
特に頬を中心とした顔面に起こりやすく、体や腕や足の刺激の受けやすい場所、関節の内側などに起こります。
乳児では生後1ヶ月頃から皮脂の分泌が亢進しますが、この頃から乳児湿疹は発症し始め、頬、額、耳の周辺などに赤いブツブツができてきます。1歳を過ぎると湿疹を起こしやすい範囲も狭くなり、軽快することが多くなってきます。
症状の強い場合には食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の可能性もあるので、ひどくならないうちに皮膚科を受診しましょう。
保湿剤でスキンケアをすることは、様々な刺激から皮膚を守ることにもなり、湿疹をはじめアトピー性皮膚炎の発症も抑えるとわかってきています。入浴時にはこすらず洗い、入浴後には保湿剤でスキンケアをするとよいでしょう。

乳児脂漏性湿疹

生後2~3ヶ月ぐらいまでの乳児は、生理的に皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。この皮脂が過剰に分泌されることによって起こる皮膚トラブルが、脂漏性湿疹です。おでこや頭部、耳の周辺、股部、わきの下など、皮脂線の多い場所にできやすく、フケのように白いかさかさしたものが頭や顔に付着したり、赤くぷつぷつとなったり、ひどくなるとジクジクと浸出液を伴うようになります。
乳児脂漏性湿疹は乳児期によく見られる一過性の変化なので、正しくケアすれば、それだけで改善することもあります。大切なのは石鹸の泡を使って擦らずに洗って皮脂を少なくしてあげることです。しかし、ひどくなって膿んでくるようになったら、治療が必要になってきます。
皮膚の常在菌であるマラセチアに対するアレルギー反応が悪化因子として疑われる場合は抗真菌薬の外用を行い、炎症が強い場合は短期的に弱いステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬を併用します。

おむつかぶれ

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などに皮膚が刺激され、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが生じます。
おむつを頻回に取り換えることが最も大切ですが、おむつかぶれができてしまった時は洗面器にぬるま湯を張っておしりをよく洗い、亜鉛華軟膏やワセリンを塗って皮膚を保護しましょう。おしりふきが刺激になることもあるので、ぬるま湯をふくんだ脱脂綿などで優しく拭くのがよいでしょう。症状がひどいような場合は、皮膚科を受診してください。おむつかぶれには弱いステロイド軟膏がよく効きますが、まれにカンジダなどの菌が増えていることもありますので、きちんとした診断が必要です。

あせも

あせも(汗疹)とは、汗をたくさんかいた後に、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことです。
汗をかきやすい夏に多く、小児に発症しやすい疾患ですが、高熱を出している方や高温の環境下で作業している人にも見受けられます。
あせもには、赤い丘疹が生じて痒みや軽い痛みを伴うタイプ、小さな白っぽい水ぶくれができるタイプなどがあります。
あせもの治療にあたっては、症状に応じて弱いステロイド外用薬などを用います。
あせもの再発を繰り返さないためには、通気性の良い服を着用し、汗が出たらシャワーで流すか、こまめに拭き取るように心掛けることが大切です。

小児アトピー性皮膚炎

小児のアトピー性皮膚炎は、年齢によって皮脂の分泌量が異なるため、症状もやはり異なってきます。生後2~3ヶ月から1歳頃までのアトピー性皮膚炎では、顔や頭、耳にジクジクとした湿疹が出てきます。胸や背中、おなかにも赤いポツポツや紅斑ができることもあります。乳児期は湿疹の起こりやすい時期ですが、湿疹が長く続く場合や症状が強い場合にはアトピー性皮膚炎の可能性があります。多くは2,3歳で軽快します。
2~10歳頃は手足の関節の内側や首、腋の下などにカサカサと乾燥した湿疹が出ます。また、季節の影響としては、夏場は皮膚の化膿や汗、虫さされによる刺激でジクジクしやすくなります。冬場は空気の乾燥によって、乾燥肌が顕著になる場合があります。年々乾燥しやすさは軽快し、小学校入学ころにはかなり改善します。

小児アトピー性皮膚炎の原因と治療

アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚の弱さ(乾燥しやすさ)、アレルギー体質などがあげられます。乳児期にスキンケアをしっかりすることでアトピー性皮膚炎の発症が抑えられることがわかってきました。乳児期は誰でも皮膚が弱いので、スキンケアはアトピー性皮膚炎でなくても大切です。
アレルギーの原因は、乳児期は食物アレルギーの可能性がありますので、血液検査でアレルギーの有無をよく相談しながら検査することもあります。可能性だけで食べ物を除去することはやってはいけません。きちんと皮膚の症状を治療することと、皮膚症状をよく観察することが大切です。離乳食、保育園や幼稚園の給食についてもよく相談して対応することが必要です。アレルギー症状の強い場合には、小児科の先生とも連携して食物アレルギーに対処することが必要なことがあります。
2,3歳になると環境にあるもの(ダニやハウスダスト、花粉など)に対するアレルギーが増えてきます。
治療においては、弱いステロイド外用剤を用いることはありますが、早めに対処すれば早く治りやすいのも小児の特徴です。

水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼは、正式には伝染性軟属腫と言い、伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。
幼少児によく見られ、痒みを伴うこともありますし、全く症状がないこともあります。
特に乾燥肌や湿疹がある場所に多く見られます。その理由としては、乾燥肌やアトピー性皮膚炎があると、皮膚の「バリア機能」が低下するため、細かな傷からウイルスが入り込みやすいことと、痒みで引っ掻くことにより、爪先からうつってしまうことなどが考えられます。

水いぼの治療

専用のピンセットで一つずつ摘まみ、内容物を出す方法が一般的です。
処置には痛みを伴いますので、この痛みを軽くする目的で麻酔のテープ(ペンレステープ)を用います。痛みは数か月から数年たてば自然に治ることもあるので、必ずしもピンセットでつままなくてはいけないことはありません。しかし、集団生活での感染のリスクや、強いかゆみをと伴う場合には相談のうえピンセットで治療します。

いぼ(尋常性疣贅)

ウイルスの感染によって、子どもの手や足の裏にいぼができる病気が尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)です。原因はヒトパピローマウイルス(HPV)です。ヒトパピローマウイルスには、100種類以上の型が存在することが知られています。健康な皮膚には感染しませんが、小さな傷口があると、そこから感染して発症してしまいます。
いぼは、最初は平らで小さいのですが、徐々に大きくなって盛り上がってきます。痛みや痒みはありません。大きくなると、表面がザラついて硬くなります。足の裏のいぼは、圧迫を受けているため盛り上がりませんが、歩くと痛みを生じます。

いぼの治療

綿棒につけた液体窒素でいぼを凍らせる凍結療法、サリチル酸ワセリンを塗布する方法、薏苡仁(ヨクイニン)というハトムギ由来の漢方薬を内服することにより免疫力を上げて治す方法、などがあります。これらのなかから、最も適していると思われるものが選択されますが最も一般的なのが液体窒素で凍らせる凍結療法です。いずれの方法においても、多くは1回の治療で治し切ることは難しく、何回か繰り返して除去していきます。当院では、2週から4週おきの通院をお勧めしています。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは、正式には「伝染性膿痂疹(のうかしん)」と称し、皮膚への細菌感染によって発症し、人から人へとうつる疾患です。ばい菌と湿疹が一緒になっているので、かゆみを伴ったり、触った手でほかの部位や人に移ってしまいます。

とびひの治療

とびひの治療には、主に抗菌薬を使い、原因菌を退治します。
また、必要に応じて抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏なども用い、痒みや炎症を抑えます。とびひは、ひどくならないうちに治療を始めると、より早く治せます。

手足口病

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る感染症です。子どもを中心に、主に夏季に流行します。コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどの感染によって起こります。この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは集団感染が起こりやすいため、注意が必要です。
症状としては、感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足の裏や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。発熱は約3分の1に見られますが、ほとんどはあまり高くなりません。多くは、数日のうちに治ります。

手足口病の治療

手足口病に特効薬は無く、特別な治療法はありません。経過観察をしながら、症状に応じた治療を行います。学校や保育園、幼稚園の登園登校禁止になることはありません。

りんご病(伝染性紅斑)

りんご病は、両ほおに紅斑が生じることを特徴とし、幼児・学童に多い急性のウイルス性疾患です。ほっぺが、りんごのように赤くなることから、一般的にりんご病と呼ばれ、正式には伝染性紅斑と称します。
りんご病の原因は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスです。学童期(6~12歳)にかかることが多く、冬から春にかけて、保育施設や幼稚園、学校で流行します。接触・飛沫感染すると考えられていますが、発疹が現れた時には、もう伝染力は無いと言われます。
症状としては、はじめに風邪のような症状(発熱、筋肉痛、倦怠感)が出て、しばらくすると両ほおが赤くなり、その後、腕や太ももに発疹ができます。発疹は、はじめはポチポチとした斑点のようですが、だんだんと中心部が薄く、まわりを赤く縁取ったレース模様のようになるのが特徴です。 妊婦さんが感染すると胎児に影響を与えることがあるので、注意が必要です。

りんご病の治療

この原因ウイルスに対する特効薬はありません。必要に応じて、抗ヒスタミン薬や鎮痛剤による対症療法を行います。予後は良好です。